革命的共通点!人の気持ちから犬の気持ちが分かってしまう方法

犬の気持ちが分かればいいなぁ・・・なんて感じたことありませんか?

全て理解する事は出来ません。人同士だって無理ですよね。

でもある程度ならば理解しあえるんです。


シチュエーションイメージという方法を使いましょう。

シチュエーション(状況)をイメージ(想像)する。

自分が相手(犬)と同じような状況だった時、自分自身はどう感じるか。

こうして想像した気持ちが相手(犬)が感じた気持ちだということです。

状況を上手に想像することが出来れば、犬の気持ちが分かってきます。


例えてみましょうか。

バリケン、ケージに入れられて吠えてしまう犬の気持ちとは?


あなたがいきなり牢屋へと連行されたとしましょう。牢屋の中には何もなく、話し相手もいません。ひとりぼっちです。

こんな状況だったらあなたらどう感じますか?

私ならば心細い気持ちになって不安になったり、時間が経てば誰かに助けを求めるために声を出すかも知れません。


こんな感じですね。

こうして使うテクニックをシチュエーションイメージと言います。


しかし世の中にはバリケンやケージに入っても大人しい犬はいますよね。

全ての犬が吠える訳ではありません。

これってどうして教えてるのでしょうか?

別の機会にお話しするとして、自身の犬の飼い方のレベルアップをするためにシチュエーションイメージをぜひとも学んでみてください。


豊中瀬形愛犬しつけ教室

犬の新事実を知れば 目からうろこが 何枚も落ちるでしょう

0コメント

  • 1000 / 1000